アプリをレベルUP!プッシュ通知の承認率を上昇させるテクニック

Pocket

こんにちは、pLuckyの隅田です!

以前、こちらでアプリ内のプッシュ通知許可ダイアログを表示させるタイミングについて記事を書きました。
どのくらいのユーザーにプッシュ通知を許可してもらっていますか?

ちなみにApp Bank Felloさんの調査では、プッシュ通知を許可しているユーザーの方が継続率が高い(約2〜6倍)結果が出ています。
つまりまずは、プッシュ通知の許可をしてもらうことが大事なポイントになってきます。

今回は、その他にも参考になる国内外のアプリをいくつか紹介したいと思います!

1. iQON

ファッションコーディネートアプリiQONでは、まずアプリの使い方を紹介した後に、プッシュ通知を受け取ることでセール状況や在庫状況を受け取れることをユーザーに教えてあげます。
そして、ユーザーがプッシュ通知を許可することで得るメリットを理解したタイミングでダイアログを表示。

IMG_0204

IMG_0206

IMG_0207

2. Yahoo!天気

最新の気象状況をチェックできるYahoo!天気アプリでも同様です。
ユーザーはプッシュ通知で何が送られてくるのか、ということが理解できるため許可しやすくなります。
特に、気象情報のような緊急性の高い情報はプッシュ通知との相性がいいです。

IMG_0255

IMG_0257

IMG_0256

3. ママリQ

こちらもiQONと同様、アプリのチュートリアルを読んでもらった後にプッシュ通知をONにしてもらうようなメッセージを表示させます。

IMG_0230

IMG_0232

IMG_0233

*ちなみにこちらの記事はママリQを成長させたプッシュ通知の事例です。プッシュ通知を配信する上で大事な「ユーザーの適切なセグメント」という点がよく分かる良記事!

4. Crossfader

誰でも簡単にDJプレイやマッシュアップが楽しめるCrossfaderでは、
「アプリの特徴を紹介」→「サインイン」→「プッシュ通知の訴求」
といった流れでプッシュ通知の許諾率を10%程度UPさせています。

たしかにアプリ起動直後にプッシュ通知のダイアログを表示させるよりは、アプリに興味を持ってサインインまでしてくれたユーザーにのみ表示する方が許諾率は上がるでしょう。

IMG_0260

IMG_0263

IMG_0264

5. 瞬間英単語

最後は英単語を1問1秒で解答してTOEIC600点を目指すアプリ瞬間英単語。
明確に!というわけではないですが、ユーザーにはどのタイミングでプッシュ通知が送られてくるのかがイメージしやすくなります。

IMG_0211

IMG_0213

IMG_0215

まとめ

いかがでしたか?今回紹介したアプリは、
「まずは初回起動時にアプリのチュートリアルを見せる」→「プッシュ通知のメリットを訴える」
という流れで許諾率をUPさせている例です。

個人的な見解として、

  1. どんなメッセージが送られてくるのか
  2. どのタイミングで送られてくるのか
  3. 通知を受け取ることのメリットは何なのか

この3つをしっかりユーザーに把握してもらうことができれば、プッシュ通知の許諾率はUPさせることができると思います。
逆に言えば、ユーザーにとって何のメリットにもならないプッシュ通知は送るべきではないし、その間の起動率は一時的に上昇するかもしれませんが、アプリの成長にとって一番大切な継続率は上昇しないのだと思います。


手前味噌で恐縮ですが、LogPushではiOSでのプッシュ通知の許可タイミングをアプリ内で調整することが可能です!
是非チェックしてみてください!