DAU・アプリ活用術UP!ユーザーに刺さるプッシュ通知

Pocket

こんにちは、pLuckyインターン生の隅田です。

前回の記事では、「プッシュ通知」とは何者なのかということに加え、その特徴・メリットについてまとめました。
今回はその「プッシュ通知」をより有効利用するための活用術を紹介していきたいと思います。

気をつけるべき2つのポイント

前回紹介しました通りメリットの多いプッシュ通知ですが、通知するメッセージが毎回同じ内容であったり、ユーザーが全く興味の無い内容をむやみに送りつけたり、急に通知を送らなくなったり、ということによってユーザーのアプリ離れにつながってしまう恐れがあります。
考えなしのプッシュ通知はただ「ウザい」ものでしかなく、ユーザーは「プッシュ通知 オフ 方法」などとググり出してしまうかもしれません…。

では、どういったことに気をつければよいのでしょうか?

プッシュ通知を送る際に大事なポイントは、

  • どのユーザーに送るのか
  • どのタイミングで送るのか

この2点ではないでしょうか。

どのユーザーに送るのか

まずは「どのユーザーに送るのか」という点。同じアプリ内でもユーザーによって欲しい情報は異なります。そのため上述した通り、興味の無い内容をむやみに送りつけるだけではアプリのアンインストールにつながってしまいます。

「性別」、「年代」、「最近インストールしたユーザー」、「最近アプリを離脱したユーザー」、「1ヶ月アプリを起動していないユーザー」など通知を送るターゲットをうまくセグメンテーションすることは非常に重要です。

ゲームアプリを例に挙げると、毎日複数回ログインするユーザーと1週間に1度しかログインしないユーザーとでは、それぞれ刺さるメッセージは異なります。
例えばよくある、ゲームを進めるためにはゲーム内で体力が必要なアプリだと、

ゲームを進めると体力減少 → 一定時間経つと体力回復 → ゲーム再開

このようなサイクルで回ります。ここで体力が回復した際に「体力回復!先へ進もう!」といったようなプッシュを打ちたいとします。
毎日複数回ログインするようなユーザーにとっては便利かもしれませんが、1週間に1度しかログインしないユーザーにとっては「ウザい」ものになってしまう可能性が高いです。

どのタイミングで送るのか

次に「どのタイミングで送るのか」ですが、ユーザーの立場になって1日の生活を想像してみることは非常に重要なのではないでしょうか。今やほとんどの人が毎日肌身離さず持ち歩いているスマートフォン。性別、年齢、職種、アプリのカテゴリーなどによって一概には言えませんが、1日の中で多くのユーザーがアプリを開いている時間帯は一般的に、

  • 朝の起床後
  • 昼休み
  • 帰宅後20時〜21時

と考えられています。
まさにユーザーがスマートフォンを利用している時間帯にプッシュ通知を送ることができれば、アプリの起動率がグッと上昇します。

例えば、ニュースキュレーションサービスであるSmartNewsのプッシュ通知。SmartNewsでは、毎日朝(7時頃)、昼(12時頃)、夜(19時頃)の3回に分けてそれぞれの時間帯のニュースをお知らせしてくれます。通勤通学の間や昼休みの間にニュースをチェックされている方は多いのではないでしょうか。

つまりSmartNewsは、上述したユーザーがスマートフォンを利用している時間帯にプッシュ通知を送るというテクニックを上手く利用しているのです。

このようにプッシュ通知を送る際はユーザーの特徴に合わせて、その情報はそのユーザーにとって本当に有益な情報であるのか、一方的に送りつけているものになっていないかというようにユーザーの立場になって考えましょう。そうすればプッシュ通知はアプリ活用術UPのための最強の武器になるはずです!

「DAU・アプリ活用術UP!ユーザーに刺さるプッシュ通知」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。