プッシュ通知とは?プッシュを打つべき理由をまとめてみました

Pocket

こんにちは。pLuckyインターン生の隅田です。

「プッシュ通知」というワードは、スマートフォンでアプリを利用する方ならご存知ではないでしょうか。アプリ運営者にとっては非常に有用なマーケティングツールの一つである「プッシュ通知」について、自分の知識を深めるためにもまとめたので紹介したいと思います。

プッシュ通知とは?

そもそもプッシュ通知とは何でしょう?簡単に説明すると「アプリがユーザーに向けて発信するお知らせ」を、iPhoneやAndroidのデバイス画面上に表示させる機能のことです。
LINEの「新着メッセージがあります」、ニュースアプリの「午後のニュースが届きました」などの通知を受け取ったことがあるのではないでしょうか。そう、アレです。

せっかく大々的にリリースしたアプリも、すぐに使われなくなってしまっては意味がありません。アプリ運用側としては、ユーザーに忘れられないようにする必要があります。
そんな状況を打開してくれるのが、プッシュ通知です。

ある調査によると、プッシュ通知を受け取ったユーザーによるアプリの起動回数、継続率、再起率が高くなるといった結果が出ています。プッシュ通知をうまく活用することで、継続率が上昇したという事例も多く存在します。
さらに他の事例として、今まで送っていたプッシュ通知を急に止めたことで急激にDAUと継続率が下がってしまったという事例もあります。
つまりプッシュ通知にはそれだけの効果があるのです。これを使わない手はありません。

プッシュ通知の特徴・メリット

ユーザーがアプリを起動していなくとも通知を送ることができる。これがプッシュ通知最大の特徴ではないでしょうか。アプリを閉じている状態でユーザーに情報を送れるツールはプッシュ通知のみであり、アプリにとっては欠かせない機能の一つで、重要なマーケティングツールなのです。

アプリを起動していなくとも通知を送ることができるということは、メリットとして、

  • ユーザーがアクションを起こす確率が上昇する

という点があります。プッシュ通知は開封すると直接アプリを起動します。そのためアプリ内でのアクションにつながりやすいのです。さらに、アプリを利用しているユーザーにのみ配信されるので、一般的にメルマガに比べ開封率が非常に高いのです(プッシュ通知:40%程度、メルマガ10%程度)。

また、これに加えてプッシュ通知には、

  • リアルタイムで情報を送ることができる

という強みもあります。ユーザーの立場になって考えてみてください。アプリを起動していなくとも、自分が気になっているアプリ内の新着情報、イベント情報などが確認できることは非常に便利ではないでしょうか。
特に、ニュースアプリの新着ニュースやゲームアプリの期間限定イベントなど、リアルタイムでアプリと連動させて通知を送りたい際に向いています。

ユーザーの中で、

「プッシュ通知を受け取る」 → 「通知を開きアプリ起動」

というサイクルが定着すれば、継続率が上がる可能性もグンと伸びます。

さらにプッシュ通知には、

  • 離脱ユーザーの再起を促す

といったメリットも存在します。
アプリを一度はインストールしてみたものの、その後全く使わなくなったというアプリユーザーの方は多いと思います。
僕のiPhoneの中にも過去に忘れ去られたアプリがいくつも…。
そういったユーザー向けにプッシュ通知を送ることで、アプリへの再起を促せてアクティブユーザーに移らせることにもつながります。

このように、プッシュ通知には多くのメリットが存在します。ただし、闇雲に数打てばいいということではありません。次回の記事では、アプリの活用術をUPさせる効果的なプッシュ通知に関して紹介したいと思います。

「プッシュ通知とは?プッシュを打つべき理由をまとめてみました」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。