セグメントは当たり前!今後のアプリビジネス成功のキーはパーソナリゼーションへ

Pocket

こんにちは、pLucky隅田です。

先日、DeNAとGoodpatchが共同で運営するUI Crunchから生まれたイベント「UI Chrunch Under25」にてDeNA南場智子氏が登壇した際の記事が、非常に興味深い内容だったので紹介しようと思います!

こちらの記事は、今後いかにUI/UXにフォーカスしなければいけないか!という話なのですが、そのための一つの施策として、「プッシュ通知」は重要なポイントになってくると思ったので記事を書きました!

上の記事で南場氏が語ったポイントは、大体以下の部分です。

  • Permission型からPermissionless型へ
  • Strategy drivenからUI/UX drivenへ
  • セグメント最適化から個別最適化へ

詳しい情報は、上のリンク記事からご覧ください。

UXを高めるプッシュ通知の可能性

上の記事で、南場氏が言われていた、
「セグメント最適化からパーソナリゼーションへ」
という部分は重要です。

ここで、「プッシュ通知」にフォーカスして考えてみようと思います。
アプリを起動させることなくデバイス上に情報を通知できる数少ないツールの一つがプッシュ通知です。プッシュ通知をうまく使うことで、アプリの継続率を向上させることができます。
つまりUXを向上させるために、プッシュ通知は間違いなく大事な施策の一つとして挙げることができるでしょう。

まずはなぜプッシュ通知を送るのかというところから考えてみます。

  • なぜプッシュ通知を送るのか

この理由としては、

「サービスのRetention(継続率・再訪率)を向上させるため。」

ここが一番重要なポイントではないでしょうか。

では、そのために何をすればよいのか?
以前からこのGrowth Blog内でも書いていますが、アプリグロース成功の一つの鍵は

「ユーザーに寄り添ったプッシュ通知」

です。ユーザーにとってプッシュ通知は、欲しい情報が欲しいときに手に入る、非常に便利なものであるべきなのです。
ユーザー一人一人にとって最適化されたプッシュ通知を送ることができれば、サービスの幅は広がり、ユーザー体験の最大化にも繋がってきます。

ユーザーに寄り添ったプッシュ通知を送るためにはまず、

  • ユーザーにとって有益な情報を送ること
  • ユーザーの生活に沿った最適なタイミングで送ること

という部分が大事で、そのために、

  • ユーザーを最適なセグメントに分けること

をしっかり行いましょう。
ここが「サービスのRetentionを向上させる」ポイントになります。
まさに南場氏が言われたように、ユーザー毎に最適化されたプッシュ通知を送ることができればUXの向上を期待することができます。

  • 2016年は「プッシュ通知機能」の転換期になる

上の記事は、米ニューヨークタイムズ社のPush notifications team(プッシュ通知チーム)について紹介されたものなのですが、このチームのプロダクトディレクター、アンドリュー・フェルプス氏は、
「2016年はプッシュ通知機能の転換期になる」
と語っています。

さらに、今までのニュース配信は「丘の上に立って、人が居そうな方向にメッセージを叫んでいるようなものだった」と表現しており、プッシュ通知のパーソナリゼーションという領域には大きな価値があり今後画期的な機能になっていくだろうとも言っています。

  • プッシュ通知の需要は高まっている

さらに以下の記事ではプッシュ通知のニーズが高まっていること、プッシュ通知がユーザーに大きな影響を与えていることがよく分かります。
特にニュースアプリなどのメディア系はプッシュ通知との相性が良いです。

この記事内で興味深いのは、以下の部分です。

「しかしパーソナライズをかけ過ぎるとフィルターバブル問題が起こるし、好きなニュースばかりを読んでしまって、表示される記事がエンタメ一色になってしまうといったこともあります。パーソナライズしすぎずにYahoo!ニュースとして届けていきたいものをどう差し込むかは日々考えていますね。」

これは特にニュースアプリの場合顕著に現れる部分だとは思いますが、「読まれなくても届けるべき情報はある」と語られています。

どこまでの情報をどこまでパーソナライズするか、というようなことは一概には言えなくて、そのサービス、アプリそれぞれの特性やユーザーの属性に合わせて常に考えていかなければならない部分だと思います。

まとめ

このように、サービスを成長させる鍵はUXであるという考え方は段々と普及してきています。そしてそのための重要な施策の一つにプッシュ通知は挙げられるでしょう。
ただし、必ずしも全てのサービスがプッシュ通知と相性が良いわけではないし、プッシュ通知を送ることのリスクもあります。
プッシュ通知の悪い面、失敗例も知っておくことは必要です。

今回紹介した最初の記事内で、DeNA南場氏は
「いろいろ理屈っぽい話をしたんですけど、私個人としてはやっぱりユーザーにどれほど喜んでもらえるのか、そして喜んでもらった瞬間が一番うれしいんです。だから、Delightしてもらった瞬間が一番、Delightできる。そのように感じています。」
と言われています。ここから出てきたものが、UXにフォーカスするということなのだと思います。
プッシュ通知も上手に使えば、このUXを向上させるツールになるはずです!

どこまでパーソナライズするかというところは一概には言えませんが、勿論セグメントはしっかり最適化するべきところです!

また以下は宣伝になりますが、

我々pLuckyが提供していますプッシュ通知配信サービス「LogPush」では、プッシュ通知のABテストやセグメント配信、定期配信といった機能を無料でご利用頂けます!

是非よろしくお願いします!