mBaaS入門。mBaaSを導入する際のメリット・デメリット

Pocket

こんにちは、pLuckyでインターンをしている隅田です。

突然ですが、皆さんBaaSまたはmBaaSというワードをご存知でしょうか?
ここ数年話題になっているBaaSとは Backend as a Service の略で、アプリケーションを開発する際に必要となる、サーバサイドの様々な機能をネットを通じて提供するクラウドサービスのことです。

mBaaSとは

さらにその中でもモバイルに特化したものをmBaaS(mobile Backend as a Service)と呼びます。
提供される機能はサービスによって様々ですが、主に提供されているのは、データベース、ユーザの登録情報、プッシュ通知、課金、ソーシャルメディアとの連携などが多いです。
アプリ開発者は、初めから実装されているこれらの機能をAPIで呼び出すことで、自らのアプリケーションの機能として利用することができます。

mBaaSのサービスのなかでも特に有名なものが、米国のFacebook社に買収されたParseです。その他にもFirebase、Microsoft Azure、Kii Cloud、 Nifty Cloud mobile backendなど多くのサービスが存在します。

以下のリンクでは、それぞれのmBaaSについて特徴などまとめられているので参考にしてみてください。

次に、mBaaSを導入するメリット・デメリットをあげていこうと思います。

mBaaSを導入するメリット

  • アプリ開発が高速化される

MBaaSにはiOS、Android、JavaScriptなどのモバイルアプリの環境で開発する際に、そのまま使えるようなSDKが用意されています。
つまり、ユーザ管理、データ管理、プッシュ通知などのひと通りの機能が、SDKのAPIを経由して利用することができるので、簡単でスピーディにアプリを開発することができるのです。

また、最初のリリースまでの手間や時間を最短にできるだけでなく、その後の運用サイクルも高速で回せるようになります。

  • 開発コストが削減される

そもそも様々な機能を一から構築して実装するという手間が省けるため、人件費などの開発コストを削減することができます。

  • アプリの開発だけ(UIやUX)にリソースを集中させることができる

サーバサイドの実装はあらかじめmBaaSがやってくれるので、UIやUXなどのクライアントサイドに集中することができます。
またアプリの仕様変更に伴うデータ構造の変更も、自由に行うことができます。

mBaaSを導入するデメリット

  • 機能が不十分な場合もある

ほとんどの機能は最初から揃っているとはいっても、ある特定のこんな機能が欲しいけど備わっていない、というケースもよくあります。

  • 速度が遅い場合もある

例えばmBaaSの代表的な存在であるParseのデータセンターはアメリカ西海岸にしかないため、遅延することもよくあるそうです。

  • サーバの中身を見ることができない

多くのmBaaSのサービスでは、サーバに直接ログインして作業するといったことができません。
また、既存のアクセス解析ではとれるデータの項目が決まっているため、特定の機能に関するアクセス解析を行うといったことは難しいようです。

まとめ

このようにmBaaSにもサービスごとに様々なメリット・デメリットがあるため、

  • アプリの特性
  • アプリの規模
  • API・SDKの種類
  • コストのシュミレーション

などの要因を踏まえたうえで選定するようにしましょう。

このように、プッシュ通知関連のサービスはmBaaS、解析系のSDKなど色々なものがありますが、
LogPushでは500万端末までABテスト、セグメント機能、定期配信などの機能を無料でご利用頂けます。
また、随時APIの方もリリースしているので是非興味のある方は検討して頂ければ幸いです。

参考

mBaaSのメリットの部分について特に詳しく書かれており、参考にさせて頂きました!

こちらは実際にmBaaSを使っている方、提供されている方たちのディスカッションで、mBaaSの現状がよく分かります。

国内でmBaaSを提供しているニフティクラウドさんのブログ記事です。mBaaSのメリット・デメリットに加えデメリットに関しての解決案も紹介されていて参考になりました!

「mBaaS入門。mBaaSを導入する際のメリット・デメリット」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。