開封率が全然変わる!DAUをあげるためのプッシュ通知4原則

Pocket

photo-1423784346385-c1d4dac9893a

 PUSH通知はアプリの継続率を上昇させる有効なツールですが、適当に送りつければいいという訳ではありません。メールマーケティングでも同様ですが、大量に送ればいいという乱暴な姿勢ではユーザの不快感を煽ってしまいユーザがサービス自体から離れていってしまうという事態を招きます。

 ユーザに好まれるPUSH通知、ユーザの行動を促すPUSH通知にするにはどうすればいいのか?PUSH通知を設計する上で考えるべき4つの重要な原則をご紹介します。ご自身のアプリで送っているPUSH通知に照らし合わせてご確認頂ければ幸いです。

1.ユーザがPUSH通知を受け取る理由を意識する

 そのPUSH通知を受け取ることでユーザがどういう利益を得られるのか?その質問に一言で答えられない時は、PUSH通知を設計しなおしましょう。ただの声掛けは他のPUSH通知に比べると開封率が低く、ユーザから見ると無駄なPUSH通知であると認識される可能性が高いです。

2.PUSH通知を送る対象となるユーザを分類する

 同じアプリを利用しているからといって、全てのユーザが同じ状況にある訳ではありません。例えば登録後何日目なのか、最後に起動してから何日経っているのか。それだけでもユーザに対するメッセージは大きく異なります。ユーザを分類することでPUSH通知を最適化しましょう。

3.ユーザにPUSH通知を送るタイミングに注意する

 スマートフォンはPCと違いユーザが常に身に付けているものです。だからこそPUSH通知は非常に有効なのですが、無駄なPUSH通知はメールマガジン等よりもより不快感を煽ることになります。深夜帯は避け、通知の内容に合わせて見て欲しいタイミングで送信することにしましょう。

4.開封率を確認して数値を元に改善する

 どのような施策でも同じですが、ただ実施するだけでは効果はあがりません。重要なのは効果を確認し、それに対応すること。PUSH通知の場合重要なのは送った数とその後で実際にPUSH経由で起動された数の確認です。DAUや継続率などと併せて改善を進めましょう。

まとめ

 原則に気をつけて、ユーザにとって価値のあるPUSH通知を送りましょう。きっとサービスにとっても価値がある施策になるはずです!