Facebook広告での広告収益最大化のリアル状況とは?
アプリ向け!グロースハック最前線!セミナーまとめ2

Pocket

本記事は、前回記事”「アプリ向け!グロースハック最前線!」セミナーまとめ1”の続きになります。

黒船=Facebook広告(Audience Network)襲来!アドジェネでFacebook広告をグロースハック!

Supership株式会社の池田寛様にご登壇いただき、数あるSSPサービスの中でもFacebook広告の配信も可能にしてしまったという、業界でも話題の「Ad Generation(アドジェネ)」について語っていただきました。Facebook広告によって何が変わるのか、アプリにおける広告収益を最大化させる可能性について、基本的なことから、具体的な事例を用いてご紹介いただきました。特に後半は必読な内容でした。

まずは基本的な、ネイティブ広告とは何なのか?nanapiさんの事例も踏まえてご紹介していただきました。

▼従来のバナー広告の実態

  • 84%のユーザーは1ヶ月間に一度もクリックしない
  • 4%のヘビークリッカーが全クリックの67%を占めている
  • 意図しないクリック(ミスクリック)は全体の50%に上る

バナー広告に関するこれらの課題を踏まえ、”ネイティブ広告”について「形式・機能の2面からご紹介頂きました。

nanapi様の例
スクリーンショット 2016-04-27 14.01.05

スクリーンショット 2016-04-27 14.01.19

(上)形式:広告の見た目、デザインが、広告が表示される媒体などの通常コンテンツのデザインと一体化していること
(下)機能:広告がもたらす体験が、通常コンテンツが与える体験と同じであること

本当の意味でのネイティブ広告は、いきなり広告ページへ遷移させるのではなく、その間にブランド親和性や購買意欲を高めるコンテンツが必要です。ただし、純広告ではなく運用型広告の場合、メディア側(広告収益をもらう側)で広告を設置することはできても、広告からコンテンツに遷移させるというところまでは制御できません。なので、まずはユーザー体験を阻害しない広告設置に配慮することが大切です。

つまりは、メディア・エンドユーザー・広告主の3者が全員ハッピーになることが最も重要で、これがネイティブ広告の本質であるとのことです。

スクリーンショット 2016-04-27 14.01.43その上で、SSPサービス:Ad Generation(アドジェネ)とはどんなサービスなのか?

アドジェネは、スマホサイト・アプリの広告収益を「自動」最大化する「制約のない」無料アドサーバーであり、2013年12月にリリースし、18,000広告枠、月間広告リクエスト数は160億に急成長していて、なんと、AppStoreトップ100の広告収益モデルのアプリのうち約40%がアドジェネを使用しているそうです。

スクリーンショット 2016-04-27 15.12.38アドジェネの一番の特徴はやはりFacebook広告(Facebook Audience Network)が国内SSPとして唯一配信可能というところだそうです。

Facebookアプリを使っているとタイムラインに広告が表示されますが、その広告をFacebook以外の一般アプリに表示させることができ、広告収益を得ることが可能です。
Facebook広告はFacebookを利用しているユーザーの性別、年齢、経歴や、何に興味を持っている人なのか等、狙ったユーザーに向けて広告を打つことができます。なので、多くの広告主となるクライアントさんがデジタルで広告を打つ際のファーストチョイスとしてFacebookを選ぶようになってきているため、圧倒的な広告案件の種類を誇ります。つまりアプリを使っているユーザーさんの興味がある広告が配信されるので、広告収益貢献は非常に大きいそうです。
この特徴を実現した、アドジェネの展開は、業界でもインパクトが非常に大きです。

実際のFacebook広告をうまく導入して、収益を最大化されている事例も多数紹介していただきました。非常にユニークな導入の仕方も多く、必読な内容となっております
(非公表なモノも実際多く、資料でも一部非公開になっております。ご了承ください)

スクリーンショット 2016-04-27 15.33.39

スクリーンショット 2016-04-27 15.33.50

(上)タイムライン系アプリ
(下)タイムラインがないアプリ

Facebook公式ページで紹介されているOnefootballというアプリでは、ネイティブ広告の収益が30%増加しただけでなく、Facebook広告を配信しても、ユーザーレーティング4.8を維持したという結果が出ているそうです

カレンダーアプリのLifebearで、広告領域が320×50のサイズでバナー広告に頼るしかなかったのですが、キャラクターを用いたレイアウトを作り、中にアイコンとタイトルを入れました。こうすることで、本来のネイティブ広告の考え方とは少し異なりますが、コンテンツにマッチした自然な広告になると同時に収益もアップしているそうです

気になるFacebook広告の実力は、アドネットワークのeCPMの4~7倍の実績が出ているとのことです。

つまり、24枚目のスライドで先述した通り、きちんとユーザーへの配慮アプリ内でのレイアウトをすれば、ネイティブ広告はユーザーにも優しくメディア収益および広告主の効果最大化実現できまくっている模様です。

まとめ

グロースハッカーという言葉が生まれた2010年から、日本でもバズワード化し様々な捉えられ方をしているグロースハックですが、そもそもフォーカスすべきはサービスの成長に関わる全てです。しかしどこから手をつけたらいいか、なかなか把握できないという企業様も多いと思います。
今回グロースハックの最前線にいる方々にご登壇いただいたことで、非常に学びの多いセミナーになったのではないでしょうか。

pLuckyでは今後もこういったセミナーを定期的に開催していく予定ですので、是非ご参加いただければと思います。

本セミナーに関するお問い合わせや、プッシュ通知に関するご相談などございましたら、お気軽にpLuckyまでご連絡ください。
hello@p-lucky.net

「Facebook広告での広告収益最大化のリアル状況とは?
アプリ向け!グロースハック最前線!セミナーまとめ2」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。