導入実績:
アライドアーキテクツ株式会社様

Pocket

アライドアーキテクツ株式会社 ディレクター 近藤 俊太郎様
watav

直感的に操作でき、マーケティングサイドでも管理可能

<LogPush導入前のプッシュ利用状況>
〜ユーザー全体にイベントの件数と内容を配信〜

「基本はユーザーのセグメントを分けない全体配信です。mBaaSのプッシュ機能を利用して1日一回、本日開催されるイベントの件数と内容を全員に送っています。
DAU、MAUもチェックしていて、一度プッシュを止めてみたらDAUが下がったので、プッシュは有効だねということが分かりました。

今はもう少しカスタマイズ、パーソナライズすることを考えてます。一週間ほど前からユーザーが参加予定のイベント、また気になっているイベントをクリップする機能があるのですが、そのようなアクションに合わせたプッシュ通知を始めています。」

IMG_4923

<LogPushを導入した理由>
〜マーケティングサイドでプッシュ通知を管理したかったから〜

「管理画面があって、エンジニアの手を介さなくてもいいというのが一番の理由ですね。管理画面が全て日本語という点も導入のハードルが低かった要因の一つです。

プッシュ通知はカスタマイズした方が有効であるのは分かっているのですが、mBaaSだとできることが限られるし管理画面が見づらいな、と思っていました。

さらに、イベントの特集毎にプッシュをするときに、エンジニアの工数を使わないでマーケティングサイドでABテストを簡単に行いたいな、とも感じていました。

そこで、LogPushなら管理画面が見やすく簡単に設定できるので、マーケティングサイドでも管理し易い、ということで導入を決めました。」

<LogPushの使い勝手について>
〜直感的にマニュアルなしで利用できる〜

「基本的にマニュアルをほぼ読まずに使い始めることができていますね。
画面がすごく直感的に使える印象があります。今のところ設定の段階でマニュアルは使っておらず、特に困ってはいないですね。

今は、プッシュ通知のクリエイティブをいくつか作って検証し始めています。
また、休眠しているユーザーを掘り起こそうということで七日間起動していないユーザーに向けてもいくつかクリエイティブを作っています。」

IMG_4919

<今後のLogPushに期待すること>
〜APIを繋げて動的に利用したい〜

「やはりAPIを繋いで動的に情報を出し分けていければいいなと思います。

プッシュ通知の文言はかなり細かくチューニングしているので、ユーザーの反応率に合わせて短期的に設定を切り変えたい時に、静的なものだと毎回エンジニアに頼んでAPIを変えてもらわないといけないんですね。
それが管理画面を介してABテストをして、良かったものを採用するという動的な作業ができるようになると、かなり検証できる幅が広がるのではないかと思います。

今後はAPI連携の機能を追加していくとのことなので、楽しみですね。」


「導入実績:
アライドアーキテクツ株式会社様」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。