LogPush の iOS SDK を更新しました!

Pocket

iOS版のSDKを更新しました。できるだけ最新版でのご利用をお願いします。正式に通知許可の取得タイミングを任意で指定できるようになりました。

◆最新版のSDK
ログインし、アプリ設定>SDK>iOSの設定をご覧ください。

◆主な変更点
今回の更新により下記APIが追加されました。

-startWithApplicationId:withSecretKey:withEnv:flags:

この flagsLPStartDisableDeviceTokenRequest を渡すことで、そのタイミングではユーザに許可を求めないことが可能です。許可を求めたいタイミングで [LogPushDetail requestDeviceToken] を呼び出してください。

このAPIの追加により、ユーザに通知に関する許可を取得するタイミングを任意で指定することができるようになりました。このタイミングをチューニングすることで、プッシュ通知の許諾率は大きく変わるという例もありますのでぜひご活用ください。

なお、既存のSDKのままでも問題なくご利用は可能です。ただし、これまで -startWithApplicationId:withSecretKey:withEnv: を複数回呼び出すような実装をしていた場合、新しいSDKに更新することでネットワークの負荷が下がる可能性があります。

「LogPush の iOS SDK を更新しました!」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。