導入実績:株式会社ietty様

Pocket

株式会社ietty
プラットフォーム事業本部 マーケティング部長 津田 智史様
オンラインお部屋探しアプリ「ietty」

「マーケティングサイドで簡単にプッシュ通知を運用できる」

<LogPush導入前のプッシュ利用状況>
〜自社で必要最低限なプッシュ通知を配信していたが、物足りなかった〜

「元々は、必要最低限な部分のみプッシュ通知を配信していました。『ietty』のアプリでは物件に関して気軽に質問、相談ができるチャット機能があるのですが、そこでメッセージが届いた際にプッシュ通知が配信されるようにシステム設計はしていました。しかし、アプリ内で何かしらお知らせやキャンペーンなどがあった際に、通知するような仕組みはなかったんですね。そこで今後は、メッセージが届いた際のプッシュ通知のみではなく、通知の文言を変えたりユーザーのセグメントを細かく分けたり、といったレベルで運営側からでも配信できるプッシュ通知を活用していきたいと考えていました。」

IMG_0413

<LogPushを導入した理由>
〜工数を増やさずに、マーケティングサイドで運用ができる〜

「一番の理由はエンジニアの工数が全く増えず、マーケティングサイドで運用できる点ですね。
ツールを導入する際の前提として、マーケターがプッシュ通知を運用していきたいというイメージがありました。以前から配信していたようなチャットに関連させたプッシュ通知は、エンジニアが設計さえすれば、あとは自動でアクションが起きた時に配信されるようにシステム化できるのですが、運営側からアプリユーザーにお知らせしたい時にはマーケターが配信を行う必要があり、その場合はエンジニアの工数を使わないことが望ましいと考えていました。

また、価格が無料であることも大きかったですね。無料であるので導入を検討する必要がなく、検討するよりもまずは導入してテストしてみるということができました。」

<LogPushの使い勝手・使用例>
〜開封率10%で休眠ユーザーの再訪に貢献〜

「管理画面に関しては、分かりにくいと思ったところはなく、直感的に操作することができています。主にはセグメント配信を利用しているのですが、管理画面を見れば大体何をすればよいのか理解できていますね。そういった意味でもマーケティングサイドの人間でも利用しやすいなと感じています。

実際に配信しているプッシュ通知の例を一つあげるとすれば、ユーザーの離脱防止目的で、アプリをインストールしてから登録完了するまでの時間が、2時間以上空いたユーザーに対して配信しています。例えば通勤前にインストールだけしたけど、そこからアプリを起動して登録までは進んでいない会社員などのユーザーも多いので。
現在の成果としては、インストール後登録前での離脱や引越し時期が未定のユーザーに対して、開封率10%程度で再訪に貢献しています。」

IMG_0414

<今後のLogPushで行いたいこと・期待すること>
〜プッシュ通知を受け取ったユーザーごとのアクションまで細かく分析したい〜

「LogPushで登録されたデバイストークンと、アプリ側のユーザーIDを紐付けて、どのユーザーがプッシュ通知を開封したのか、さらにその後アプリ内でどのようなアクションを起こしたのか、というところまでのデータをcsvなどで書き出して分析まで行えたらなと思っています。例えば『ietty』のアプリでプッシュ通知のABテストを行ったとすれば、開封数のみではなく、Aのメッセージを受け取ったユーザーは物件を見てくれなかったけど、Bのメッセージを受け取ったユーザーは物件を見てくれた、というようなレベルまで分析できれば、さらに高度に踏み込んだプッシュ通知を設計できるので。

プッシュ通知を配信して、アプリ内のコンバージョンに対してどれ程の効果が出ているのかということが、一目で分かるグラフのようなものもあれば非常に助かりますね。」

<オンライン接客型の不動産屋さん「ietty」とは>

「チャットで相談!いつでもどこでもお部屋探し」

『ietty』はお部屋探しのアプリですが、気になるお部屋はチャットで営業マンと相談することが可能なので、時間と距離を飛び越えてお部屋探しができる点がこのアプリの強みです。スマホの中に接客が入っているので、時間のない忙しいサラリーマンの方や、何度も現地に足を運べない、地方から上京される方などに是非利用していただきたいアプリです!

「ietty」


「導入実績:株式会社ietty様」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。