アプリのRetention(継続率)を最大化!プッシュ通知の許諾率をUPさせるグロースハック

こんにちは、pLucky隅田です。

プッシュ通知は、スマホアプリの「Retention(再訪率)」を向上させるために非常に有用なツールです。
アプリが非アクティブな状態でもユーザーに情報を通知できる、数少ないツールのうちの一つなのですが、プッシュ通知を送るためにはユーザーの許可を取らなければなりません。

iOSアプリでは、アプリの初回起動時に
「このアプリからの通知を受け取りますか?」というようなダイアログを表示してユーザーの同意を得ることで、初めてプッシュ通知を送ることが可能になります。

つまり、まずはプッシュ通知の許諾率を上げなければ始まらないのです。

今回は、そんなプッシュ通知の許諾率を上手に上げるテクニックを紹介したいと思います。

プッシュ通知の許諾率

ちなみに、アプリのプッシュ通知が許可される確率はどのくらいかご存知でしょうか?

一般的には約40%程度と言われています。

以下は、アプリのカテゴリーごとのプッシュ通知の許諾率です。

・ギャンブル(ポーカーとか):平均46%
・メディア(ニュースとか):平均50%
・エンタメ(ソーシャルとか含む):平均45%
・リテール(フリマとか):平均46%
・ゲーム:平均35%
・スポーツ:平均48%

アプリユーザーをアクティブにする!専門家が教える「プッシュ通知」5つの真実と間違い。D2CRアプリセミナー

メルマガに比べ圧倒的に開封率の高いプッシュ通知ですが、まずは通知が承認されないと効果はメルマガよりも低いものになってしまいます。
アプリ開発者側としては、なんとかしてユーザーにプッシュ通知を受け取ってもらいたいですね。

2段階ダイアログで許諾率UP

上記の記事では、許可ダイアログを2段階に設置することで、上手にプッシュ通知を許諾してもらうテクニックが紹介されています。

こちらで紹介されているのは、プライベートでグループを作り写真や動画をグループ内で共有することができる「Cluster」というアプリです。
以下は初回起動時の画面です。

1-yojAiPjq8WVb7tCQFTFxOg
https://library.launchkit.io/the-right-way-to-ask-users-for-ios-permissions-96fa4eb54f2c#.jozznmrra

「Cluster」では、作成したグループに他のユーザーを招待する機能があります。
ここで他のユーザをグループに招待した後に、

1.
招待したユーザーが参加した際に、通知するかどうかの確認を行う
2.
「Notify me」→ プッシュ通知のダイアログを表示
「No thanks」→ このタイミングでダイアログは表示せず、別の機会で表示

というステップが存在します。

プッシュ通知の許可を求めるダイアログを表示する前に、まず1. の段階でユーザーにプッシュ通知を受け取ることのメリットを訴求します。
これにより次に表示させるダイアログでの許諾率をUPさせることができるのです。

また、1. の時点で「No thanks」を選択したユーザーにはプッシュ通知のダイアログを表示せず、次にユーザーが通知を受け取ることのメリットを感じる機会で再度表示するようにしています。

「Cluster」のユーザーテストによると、この施策により「Notify me」を選択したユーザーは100%の確率でプッシュ通知を許諾してくれたそうです。

その他の事例

「MERY」(女性向けまとめアプリ)

IMG_6198

IMG_6199

「MERY」では、「セールや売切間近のアイテムをお知らせするために通知をONに!」といったようなメッセージを表示させた後に、プッシュ通知のダイアログを表示させています。

「カメリオ」(ニュースアプリ)

ニュースアプリの「カメリオ」では、まずチュートリアルの画面でニュースのカテゴリーなどを選択させ、アプリの価値を理解してもらってからプッシュ通知のダイアログを表示しています。

IMG_6191

IMG_6191

IMG_6195

まとめ

プッシュ通知の許諾率をUPさせるポイントは、ユーザーに「プッシュ通知を受け取ることのメリット」を感じてもらうことです。
「Retention(再訪率)」のフェーズでうまくいってなければ、プッシュ通知の内容や配信数ばかりにこだわるのではなく、そもそもの許諾率にもフォーカスしてみてください。

プッシュ通知の通知音における反応率の違いとは

アプリからプッシュ通知を配信する際、気をつけなければいけないポイントはどのようなことでしょうか?

  • プッシュするメッセージの内容
  • プッシュを送るタイミング
  • ユーザのセグメンテーション

大体こんなところでしょうか?

しかし、意外とアプリユーザが気になっているポイントはプッシュ通知の「通知音」だったりもします。

「プッシュ通知がしつこい!」
というユーザの声には勿論、
「プッシュ通知の音がウザい!」
という意味も含まれています。

どのような通知音ならユーザは不快に思うことなく、注意を向けてくれるのでしょうか?

プッシュの通知音に対するユーザの反応

音による感じ方の違い

個人的な音の好みは勿論ありますが、一般的に人が感じる「不快な音」と「心地いい音」には共通点があるとされています。
例えば高音で鋭い音や低すぎる音は「不快な音」と認識されることが多いです。(黒板を引っ掻くような音、バイクをふかす音)

一方で、小鳥のさえずりなどのヒーリング効果のあるような音は「心地いい」と感じられるそうです。

OSデフォルトの音を使うか、アプリ側でオリジナルを使うか?

プッシュ通知の通知音は、OSにデフォルトで入っている音の他にも、アプリ側でオリジナルの通知音を作成して設定することができます。
デフォルトの音を使用する場合だと、ユーザは既にいくつかアプリを入れている場合が多いと思うので、他のアプリとの区別がつかなくなる可能性もあります。

一度だけ鳴らすか、反復させるか

通知音を鳴らす場合、一度だけ音を鳴らすのか同じ音を反復させて鳴らすのかといった点でも、ユーザの感じ方には違いが出てきます。
音を反復させる場合は、通知には気づいてもらいやすくなる分、「しつこい」と感じるユーザも増えてしまう可能性がありません。

まとめ

このように、ユーザやアプリの性質によってプッシュ通知の通知音にもフォーカスしてみることは大事ではないでしょうか。
しかし、個人間の感覚的な部分にもかなり左右されてくるところだとは思うので、機会があれば「プッシュ通知の通知音によるユーザ反応率の違い」みたいなものも調べられたらなあと思います。

また、直接プッシュ通知に関する記事ではありませんが、UIの設計における音の重要性ということで面白い記事を見つけたので、参考にしてみてください!

アプリグロースの為にプッシュ通知で送るべき内容・送ってはいけない内容。

こんにちは、pLucky隅田です。

先日、とある有名アプリさんがプッシュ通知で話題になっていました。
以下はTwitter上でのユーザの反応です。

プッシュ通知ひとつでここまでの反応…。
アプリにとって、プッシュ通知がどれだけユーザに大きな影響を与えているのかが分かりますね。

アプリのグロースにとって、プッシュ通知は間違いなく大事なキーとなり得るのですが、それは使い方次第です。

送っても良いプッシュ・悪いプッシュ

では、そもそもアプリのプッシュ通知は何でも送ることができるのでしょうか?

答えはNOです。
アプリ審査の厳しいiOSアプリは勿論、一般的にアプリリリースの自由度が高いと言われているAndroidアプリでもきちんとコンテンツポリシーが存在します。

  • iOSでのプッシュ通知

まずはiOSのガイドラインから確認してみます。
5項目目の「Push Notifications」にはプッシュ通知についての規約が述べられています。

5. Push Notifications

5.1
Apps that provide Push Notifications without using the Apple Push Notification (APN) API will be rejected
5.2
Apps that use the APN service without obtaining a Push Application ID from Apple will be rejected
5.3
Apps that send Push Notifications without first obtaining user consent, as well as apps that require Push Notifications to function, will be rejected
5.4
Apps that send sensitive personal or confidential information using Push Notifications will be rejected
5.5
Apps that use Push Notifications to send unsolicited messages, or for the purpose of phishing or spamming will be rejected
5.6
Apps cannot use Push Notifications to send advertising, promotions, or direct marketing of any kind
5.7
Apps cannot charge users for use of Push Notifications
5.8
Apps that excessively use the network capacity or bandwidth of the APN service or unduly burden a device with Push Notifications will be rejected
5.9
Apps that transmit viruses, files, computer code, or programs that may harm or disrupt the normal operation of the APN service will be rejected

App Store Review Guidelinesより –

プッシュ通知の項目だけでも9つの規約が存在します。
特に今回の話で言えば、5.6の項目。


5.6
「アプリは、広告、プロモーション、任意のダイレクトマーケティングを配信するためにプッシュ通知をしようすることはできません。」

  • Androidでのプッシュ通知

次に、Andoroidのガイドラインを見てみましょう。
Google Playのプログラムポリシーには、2013年に新たに「System Interference(システムの妨害)」という項目が追加されました。

System Interference:
・Apps and their ads must not display advertisements through system level notifications on the user’s device, unless the notifications derive from an integral feature provided by the installed app (e.g., an airline app that notifies users of special deals, or a game that notifies users of in-game promotions).

Google Play Developer Program Policiesより –

これは簡単に言うと、

「ユーザにゲームの特典などを知らせるもの以外は、アプリのプッシュ通知やステータスバーを用いて広告を表示することを禁じます。」

というものです。

こうした通知領域(通知バー)を用いて広告を打つようなものはAirpush広告と呼ばれ、ユーザに嫌われる可能性が非常に高いです。
今回の炎上騒動のように、アプリをアンインストールするユーザも大量に出てくるでしょう。

アプリグロース成功の鍵は、「ユーザに寄り添ったプッシュ」

本来、アプリを起動していなくとも自分の欲しい情報を教えてくれるプッシュ通知は、ユーザにとって便利なものなのです。
しかし、ユーザの欲しい情報とプッシュされる内容がフィットしていないと今回のようにユーザのアプリ離れにつながってしまいます。

以下に、ユーザに送るべきプッシュ通知のポイントを3つ挙げてみました。

1. イベントやクーポンなど、ユーザにとって有益な情報

プッシュ通知の内容には、ユーザのメリットになることが前提です。
EX)
商品のセール、アプリ内での特典やイベント、キャンペーンなど

2. リアルタイム性の高い情報

アプリを起動していなくとも画面上に情報が表示されるプッシュ通知は、リアルタイム性の高いアプリ(ニュースアプリ、ヘルスケアアプリ、ECアプリのセールなど)と非常に相性が良いです。

例えば「期間限定」や「先着○名様限定」といったアプリと連動させた緊急性のある通知は、そこから行動に移りやすいです。

3. ユーザの生活に合った配信

ユーザがアプリを利用している時間を細かく分析し、一番通知を見てくれるであろう時間に送るようにしましょう。
例えばユーザが寝ている時間にプッシュしても、迷惑になるだけです。

基本的にユーザがスマートフォンを利用している時間帯は、

  • 朝の起床後 7時〜8時頃
  • 昼休み 12時〜13時頃
  • 帰宅後 20時〜21時頃

と言われています。

まとめ

本文でも述べましたが、プッシュ通知は本来非常に便利なツールです。
ユーザに大きな影響を与えるプッシュ通知だからこそ、ユーザにフィットしているのかどうか、常に「ユーザ分析」と「プッシュ通知」をセットにして考えるようにしましょう。

最強のアプリ運用ツール!プッシュ通知に関する良記事まとめ Part2

こんにちは、pLuckyインターン生の隅田です。

前回、こちらの記事でプッシュ通知を効果的に利用している事例、記事を紹介しました。
今回は引き続きプッシュ通知に関する良記事を紹介していければと思います。

6. 【プッシュ通知で継続率を上げよう!】”絶対に嫌がられない”プッシュ通知の導入法

Speeeエンジニアさんによるブログ、TECHN1CAからの記事です。

こちらの記事内でも述べられていますが、近年のサービスは毎日肌身離さず持ち歩くスマホの特性上、リアルタイム性を求められるものが多くなっています。
こちらのブログ記事では、プッシュ通知の概要とそのメリットに加え、iOSとAndroidでの仕組みの違いも紹介されています。
また後半には、プッシュ通知に向いているサービスがどういったものか、ということも分かりやすくまとめられています。

7. アプリの起動ピークから考えるプッシュ通知の最適なタイミング

スマホアプリ専用CMSサービスである「Patto」を運営するVELCさんのブログ記事です。

Growth Blogでも、アプリ運用にプッシュ通知は欠かせないツールだということを発信していますが、勿論プッシュ通知はただ送れば良いというわけではありません。
通知の頻度がやたら高かったり、ユーザーにとって不要な通知は、ただの「ウザい」お知らせになってしまいます。
そこで、キーになるのがプッシュを送る「タイミング」であり、
こちらの記事では、ユーザーがアプリを利用している時間帯を考察して、プッシュ通知を送るべきタイミング、送るべきでないタイミングが紹介されています。

8. プッシュ通知やレビューでアプリをもっと使ってもらう方法

Web関連の情報を発信している、WEBPROFESSIONALさんからの記事です。

こちらの記事では、アプリをインストールしてくれたユーザーが、その後も継続していくための施策として、「プッシュ通知」を取り上げています。

アプリの運用の際には、ユーザーの動向をGoogle Analyticsなどの分析ツールを用いてサービスの分析をし、そこから抽出した課題や施策と連動させて、プッシュ通知の内容に反映させることが重要です。

後半では、ニュース系アプリのように毎日新着情報があるわけではないようなアプリでも、使えるプッシュ通知が紹介されていて面白いです。

9. プッシュ通知を効果的に送るための運用方法まとめ

株式会社アプリクッキングさんによるブログ記事です。

プッシュ通知を送る際、時間帯を考慮してプッシュを送るタイミングを試行錯誤することは大切ですが、送るメッセージの内容も分析しましょう。
こちらでは、プッシュ通知で送るべき主な内容であったり、そのメッセージの作り方を紹介されています。
特に、メッセージ内容に具体的な数字を入れたり緊急性のあるものにしたり、といったことは大切なポイントです。

それぞれのユーザー毎に刺さるメッセージ内容は違うので、プッシュ通知のABテストも実施して、細かく分析していくようにしましょう。

10. プッシュ通知の許諾率とは?通知をONにしてもらうメリットと方法

こちらも同じく、株式会社アプリクッキングさんによるブログ記事です。

プッシュ通知は、通知を受けとっているアプリユーザーにとっては非常に有効なツールですが、そもそも設定で通知をオフにされてしまっていては意味がありません。
メールに比べて圧倒的に開封率が高いと言われているプッシュ通知ですので、プッシュ通知の許諾率にもフォーカスしてみましょう。
単純にプッシュ通知をオンにしてくれているユーザーは、アプリを起動する回数も多いので、効果的にプッシュできていれば満足度は向上していきます。

こちらの記事では、AmebaやMERYといったアプリを例に挙げ、初めて起動した時にプッシュ通知の設定をオンにしたくなるようなチュートリアルを紹介しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
多くの記事やサイトでも取り上げられているようにプッシュ通知は、アプリ運用でのDAU・継続率・再起率の向上に欠かせないものとなってきています。
サービスの成長がなかなかうまくいかないときは、もう一度プッシュ通知周りの見直し、改善をしてみましょう。

また、今回ネット上でプッシュ通知に関する記事をまとめてみましたが、まだまだプッシュ通知に関する情報は少なく、どんなものなのかよく理解していない人が多い印象を受けました。
アプリにとっては必要不可欠なツールには間違いないので、サービスを提供する側としても今後もGrowth Blog内で発信していければと思います。

最強のアプリ運用ツール!プッシュ通知に関する良記事まとめ Part1

こんにちは、pLuckyインターン生の隅田です。

先日、株式会社pLuckyはスマートフォン用のアプリ向けに、
無料で高機能なプッシュ通知配信サービス「LogPush」を正式にリリースしました。

また、11月17,18日と渋谷ヒカリエで開催された「TechChrunch Tokyo 2015」に参加してきて、
「そもそもプッシュ通知って何なの?」
「アプリ運用にそんなに有効なの?」
といった質問を多くの方から受けました。

最近、特に注目を浴びてきている「プッシュ通知」。
以前も「プッシュ通知とは」ということで記事を書きましたが、今回はプッシュ通知周りに関して、ネット上での参考になる良記事をまとめてみたので、是非アプリの運用に活かしてみてください!

以前の記事
プッシュ通知とは?プッシュを打つべき理由をまとめてみました
DAU・アプリ活用術UP!ユーザーに刺さるプッシュ通知

1. SmartNews、LINEニュースの効果的な2つのプッシュ通知活用法

App Apeさんによる、プッシュ通知活用事例の記事です。

プッシュ通知は、リアルタイムで情報を発信することができるという特徴から、ニュース系アプリと非常に相性が良いです。
その中でも、「SmartNews」、「LINE NEWS」のプッシュ通知活用事例がグラフなどを用いて分かりやすく紹介されています。

2. こんなにすごいの?プッシュ通知をオススメするこれだけの理由

アプリ開発サービスを提供されている、ModuleAppsさんによる記事です。
プッシュ通知の事例とともに、そのメリット・デメリットについてまとめられています。

シリコンバレー発のプッシュ通知配信サービスUrban Airshipさんの統計によると、アプリ初回起動時にプッシュ通知が許可される確率は35~50%と比較的高く、その後の継続率はプッシュ通知を許可していないアプリより10%ほど高い傾向にあります。
勿論、毎回同じメッセージを一方的に投げつけるだけでは、アプリのアンインストールに繋がってしまうこともあります。
しかし、ユーザーの心理や特徴に合わせてうまく活用すれば、プッシュ通知は有用なマーケティングツールになり得るのです。

3. アプリユーザーをアクティブにする!専門家が教える「プッシュ通知」5つの真実と間違い。

AppMarketingLaboさんより、JibeMobile 内海 友紀子さんのアプリグロースハックセミナー登壇時の記事です。

プッシュ通知がアプリに与える影響や、ユーザーがプッシュ通知に対して思っていることなどの「真実」と「間違い」を、それぞれ具体的な数値を用いてまとめられています。

4. アプリ継続率(DAU)を向上させるプッシュ通知

Webテクノロジーブログ、「bitWave」さんからの記事です。

せっかく大々的にPRしてリリースしたアプリも、その後全く使われなくなってしまっては意味がありません。
なかなかアプリのDAU・MAUが上がらない…。
そんな状況を打破してくれるのが、プッシュ通知です。
プッシュ通知と従来のメルマガを比べると、アプリ起動率の差は10倍以上、継続率は2倍ほどにもなるそうです。

後半にはいくつかのアプリを例に挙げて、プッシュ通知を継続して打つことの重要性についてまとめられています。

5. 継続率を落とさずに160%成長させたプッシュ通知での最強グロースハックのコツ ママリQ

妊娠・出産・子育てなどに関する女性の生活応援アプリ「ママリQ」を運営する、Connehito株式会社さんのブログ記事です。
コネヒトさんは、「ママリQ」のアプリ継続率を上げるためにはユーザーのマインドシェアを勝ち取ることが重要と考えました。

そこで、ユーザーの1日の生活を想像し、困っている物事(時間、頻度、場所、対象など)を分解し重要度を重み付けして、最も重要な情報は何か分析していきました。
その後それぞれのユーザーに刺さるプッシュ通知を、毎日試行錯誤して繰り返し改善していったところ、最終的には160%の成長率、継続率も下がらず起動回数を増やすことができたそうです。

リアルタイムで、アプリを起動していなくとも画面上に情報を表示することができるプッシュ通知。ユーザーの生活に寄り添って通知することで最強のグロースハックになるのではないでしょうか。

少し長くなりそうなので、次回にPart2ということで残りの部分を紹介したいと思います。