Facebookでの見られ方が全然違う!SNS拡散で必須のOGP設定 Part1

Pocket

こんにちは、隅田です。
少し前にブログのOGPを設定したのですが、自分用のメモという意味も込めて今回の記事を書こうと思います。

FacebookなどのSNSに自分が書いたブログ記事をシェアされている方は多いと思います。
寧ろ最近は、SNSでシェアすることがブログを拡散させるための必須条件になってきています。

そこで欠かせないのが「OGP」を設定すること。

「ん、OGP?ナニ?」

恥ずかしながら、僕はついこの前までこんな状態で「OGP」と言われても全く何のことなのか知りませんでした。
しかしSNSでブログ記事をシェアして拡散させるためには、OGP設定は必要不可欠になります。

ですので今回は「OGPってナニ?」ということから、Wordpressへの設定方法までを紹介していきたいと思います。

OGPってナニ?

僕はここから始まりました。。。
そもそもOGPとはナニモノでしょう?

OGPとはOpen Graph Protocolの略で、FacebookやGoogle+などのSNSとWebのページを連携させたいときに設定します。
簡単に言うと、SNS上にブログ記事などのURLを貼り付けた際に、それが
どういった内容のものであるのか「タイトル・詳細・画像」を用いて分かりやすく伝える仕組み
です。

スクリーンショット 2015-11-26 12.56.05

例えば、Facebookに自分のブログ記事を投稿シェアしたいときに、OGPを設定するとこのように表示されます。

しかしOGPを上手く設定していないと、

スクリーンショット 2015-11-26 13.12.35
*「タイトル・詳細・画像全て設定していない場合」

このような形で、プログラムによってブログ記事が解析されて画像もそれらしいものを勝手に設定されてしまいます。
これでは目に入っても見る気にはなりませんね。シカトされます。

OGPを設定しないと『いいね!』された記事がニュースフィードに表示されない

Facebook上で、「○○さんが『いいね!』しました。」という表示を見たことがあると思います。
あの人が『いいね!』しているのなら自分も覗いてみよう!と、友人の『いいね!』きっかけでリンクをクリックする機会はしばしばあります。

しかし、OGPが設定されていないリンクで『いいね!』を押しても、自分のウォールには投稿されますがニュースフィードには表示されないのです。
つまりFacebook上でたくさんの人に記事を見てもらうことは難しく、なかなか拡散できません。

一方でOGPを設定したリンクを『いいね!』すると、事前に設定された「タイトル・詳細・画像」が他の人のニュースフィードにも表示されます。
そしてその記事を他の友達が『いいね!』、さらに他の友達が『いいね!』という流れで記事が拡散されていきます。

つまりSNS上で記事を拡散させて、サイトへのアクセスを増やすためにはOGPを設定することは必須なのです。

プラグイン「All in One SEO Pack」で簡単OGP設定

数あるWordPressのプラグインの中でも、特に入れておきたいものの一つである「All in One SEO Pack」を導入することで、簡単にOGP設定を行うことができます。

OGPを設定するには、このプラグインの中の「Social Meta」を利用します。

少し長くなりそうなので、「All in One SEO Pack」の設定については次回の記事で紹介したいと思います。
ちなみにプラグインを用いないOGP設定方法はこちらの記事で非常に分かりやすく紹介されています。

「Facebookでの見られ方が全然違う!SNS拡散で必須のOGP設定 Part1」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。