導入実績:ピックアップ株式会社様

ピックアップ株式会社 
代表取締役 宮本 拓様
「POOL」

「必要なことは無料のLogPushで実現できる」

<LogPush導入前のプッシュ利用状況>
〜他社ツールだと、使いたい機能ごとに課金が必要〜

「以前は他社のツールを使っていました。しかし、アプリ内のイベントに関連させてユーザーにプッシュ通知を配信したいとなると有料のプランでないとできなかったんですね。いざ課金して利用し始めるにしても、システム的にすぐには課金できなくて、今すぐ必要なのに、、、というもどかしい状況でした。そのようなときにタイミングよくLogPushを紹介して頂きました。」

IMG_0092

<LogPushを導入した理由>
〜セグメント配信機能が無料で使えて、圧倒的に導入しやすい〜

「ユーザーをアプリ内のイベントによってセグメントに分ける機能は必須であったので、一番の理由はセグメント配信が利用できるというところですね。さらにセグメントもアプリ側で設定さえすればかなり細かく色々とできる点はとてもいいと思います。

もう一つ、圧倒的に導入がしやすいという点はLogPushの良いところだと思います。無料で利用できるので料金に関する問い合わせも必要ないですし。」

<LogPushの使い勝手について>
〜プッシュ通知の設定例が用意されているので、非常に使いやすい〜

「自前で実装するよりも、圧倒的に簡単ですね。
管理画面に関しても、他社のツールは難しかったのですが、LogPushはかなり分かりやすいです。ヘルプコンテンツが充実していて1時間程度でサクッとプッシュ通知を配信できる準備が整いました。

また、設定例がSlideShareなどで用意されているのが本当に助かりますね。例えば『Androidでかつ配信24時間以内に起動していない端末の指定』といったセグメント配信の例など、ないと困ります。プッシュ通知の設定の仕方に関しては、実際どのように設定したものを配信すればよいのか分からないんですね。この設定例が揃っているだけでも、導入したいなと思いますね。

実際にユーザーがアプリをインストールして7日後にプッシュ通知を配信した結果、アプリの起動率が6%程度上昇したという成果も出ています。その後しばらくプッシュ通知を配信しなかったとしても、起動率の落ち方はなだらかになるので、プッシュ通知にアプリのリテンションを向上させる効果があることは実感しています。」

IMG_0086

<今後のLogPushに期待すること>
〜さらに設定例を増やして欲しい〜

「今後もプッシュ通知の設定例を充実させてほしいですね。例えばユーザーがアプリをインストールしてから7日後、14日後にはこんな文言でプッシュ通知を配信するとこれだけの効果がありますよ、というような設定例が豊富だと非常に価値があると思います。

他のツールから移行する際にデバイストークンなどのインポート機能もあれば助かりますね。」

<写真が保存し放題アルバムアプリ「POOL」とは>

「インストールするだけ!iPhoneの容量不足を「POOL」が解決!」

写真の取りすぎでiPhoneの容量がいっぱいになっていませんか?「POOL」は写真や動画を保存し放題のクラウドストレージサービスです。「POOL」に写真を保存しておけば、iPhoneの容量を使うカメラロールの写真を削除できます。勿論いつでも写真はiPhoneに戻せるので安心して利用できます!
現在50万ユーザーを突破、女性ファッション雑誌Popeenにも掲載されました!

「POOL」


アプリをレベルUP!プッシュ通知の承認率を上昇させるテクニック

こんにちは、pLuckyの隅田です!

以前、こちらでアプリ内のプッシュ通知許可ダイアログを表示させるタイミングについて記事を書きました。
どのくらいのユーザーにプッシュ通知を許可してもらっていますか?

ちなみにApp Bank Felloさんの調査では、プッシュ通知を許可しているユーザーの方が継続率が高い(約2〜6倍)結果が出ています。
つまりまずは、プッシュ通知の許可をしてもらうことが大事なポイントになってきます。

今回は、その他にも参考になる国内外のアプリをいくつか紹介したいと思います!

1. iQON

ファッションコーディネートアプリiQONでは、まずアプリの使い方を紹介した後に、プッシュ通知を受け取ることでセール状況や在庫状況を受け取れることをユーザーに教えてあげます。
そして、ユーザーがプッシュ通知を許可することで得るメリットを理解したタイミングでダイアログを表示。

IMG_0204

IMG_0206

IMG_0207

2. Yahoo!天気

最新の気象状況をチェックできるYahoo!天気アプリでも同様です。
ユーザーはプッシュ通知で何が送られてくるのか、ということが理解できるため許可しやすくなります。
特に、気象情報のような緊急性の高い情報はプッシュ通知との相性がいいです。

IMG_0255

IMG_0257

IMG_0256

3. ママリQ

こちらもiQONと同様、アプリのチュートリアルを読んでもらった後にプッシュ通知をONにしてもらうようなメッセージを表示させます。

IMG_0230

IMG_0232

IMG_0233

*ちなみにこちらの記事はママリQを成長させたプッシュ通知の事例です。プッシュ通知を配信する上で大事な「ユーザーの適切なセグメント」という点がよく分かる良記事!

4. Crossfader

誰でも簡単にDJプレイやマッシュアップが楽しめるCrossfaderでは、
「アプリの特徴を紹介」→「サインイン」→「プッシュ通知の訴求」
といった流れでプッシュ通知の許諾率を10%程度UPさせています。

たしかにアプリ起動直後にプッシュ通知のダイアログを表示させるよりは、アプリに興味を持ってサインインまでしてくれたユーザーにのみ表示する方が許諾率は上がるでしょう。

IMG_0260

IMG_0263

IMG_0264

5. 瞬間英単語

最後は英単語を1問1秒で解答してTOEIC600点を目指すアプリ瞬間英単語。
明確に!というわけではないですが、ユーザーにはどのタイミングでプッシュ通知が送られてくるのかがイメージしやすくなります。

IMG_0211

IMG_0213

IMG_0215

まとめ

いかがでしたか?今回紹介したアプリは、
「まずは初回起動時にアプリのチュートリアルを見せる」→「プッシュ通知のメリットを訴える」
という流れで許諾率をUPさせている例です。

個人的な見解として、

  1. どんなメッセージが送られてくるのか
  2. どのタイミングで送られてくるのか
  3. 通知を受け取ることのメリットは何なのか

この3つをしっかりユーザーに把握してもらうことができれば、プッシュ通知の許諾率はUPさせることができると思います。
逆に言えば、ユーザーにとって何のメリットにもならないプッシュ通知は送るべきではないし、その間の起動率は一時的に上昇するかもしれませんが、アプリの成長にとって一番大切な継続率は上昇しないのだと思います。


手前味噌で恐縮ですが、LogPushではiOSでのプッシュ通知の許可タイミングをアプリ内で調整することが可能です!
是非チェックしてみてください!

LogPush導入実績一覧

無料プッシュ通知配信サービスLogPush導入事例

コストゼロ・運用の手間ゼロでDAUが22%UP!

「開発の段階だとしてもプッシュ通知の優先順位を上げて、入れてしまった方がいい」

乗り換えの決め手は価格でした

「多くのユーザーを抱えているアプリでも無料で利用できた」

アプリ起動率が15〜20%UP!リソースも100%開発に投下できる

「やはりアプリの起動数は圧倒的に増えました」

必要な機能が揃っていて且つ無料のツールはLogPushだけだった

「セグメント機能や定期配信機能、そしてABテストといった最低限必要な機能が揃っていて、かつ無料であったのでLogPushの導入を決めました」

無料なのに、機能面が有料ツールと比べ遜色ない。むしろ素晴らしい

「無料であることと機能面が充実していることが導入の理由です」

以前は有料でのみ利用できたセグメント機能が無料で実現できた

「ゼロコストでセグメントやABテストなど、これほど多くの機能が揃っているのは非常にありがたいです」

管理コストが非常に低く、丁寧で安心感のあるサービス

「運用の手間が減るという点が一番の理由ですね」

マーケティングサイドで簡単にプッシュ通知を運用できる

「開封率10%程度で休眠ユーザーの再訪に貢献しています」

必要なことは無料のLogPushで実現できる

「他社ツールに比べて圧倒的に導入しやすいですね」

簡単に導入できてABテストでアプリ利用率を改善

「SDKを導入するまでであれば、10分程度で導入できましたね」

無料で利用できる機能の範囲が大きすぎる!

「配信数も無制限であるということで非常に魅力的でした」

コストをかけないと導入できなかった高機能なプッシュ配信ツールを無料で実現できた

「予想以上に高機能でした」

簡単にABテストできて、改善スピードが格段に向上

「LogPushであればエンジニア以外の人に任せても使いこなせるだろうな、と思います」

直感的に操作でき、マーケティングサイドでも管理可能

「基本的にマニュアルをほぼ読まずに使い始めることができていますね」

無料なのに配信数が無制限であることが決め手でした

「管理画面が非常に見やすく、運用コストがかなり低いことはLogPushの魅力」

占いアプリのプッシュ通知で欠かせないABテストを無料で実現できた

「LogPushであれば非常にシンプルかつしっかりABテストできるということが決め手でした」


導入実績:ALTR THINK株式会社様

ALTR THINK株式会社 
エンジニア 森岡 翔大様
「ひまチャット」

「必要な機能が揃っていて且つ無料のツールはLogPushだけだった」

<LogPush導入前のプッシュ利用状況>
〜プッシュ通知がDAUに与える効果は実感〜

「以前は他社のプッシュ通知配信サービスを利用していました。一時期、DAUが停滞してしまった時期があったのですが、定期的なプッシュ通知の配信を行うことで再びDAUが上向きだしたことがあったため、プッシュ通知の効果は実感しています。しかし他社サービスでは費用面での問題があったため、乗り換えられるプッシュ通知配信サービスを検討していました。」

talk2

<LogPushを導入した理由>
〜必要な機能が揃っていて、且つ無料なツールはLogPushだけだった〜

「LogPushの情報に関しては社内で回ってきたのですが、これだ!と思ったので導入しました。基本的にこれだ、と思わないものは導入しないようにしているので。他の無料サービスもいくつかあったのですが、必要な機能が揃っているものがなかったんです。ユーザーのセグメント機能や定期配信機能、そしてABテストといった最低限必要な機能が揃っていて、かつ無料であったのでLogPushの導入を決めました。

私たちのアプリでは数日間アプリを起動していないユーザーに対して復帰目的で送っているプッシュ通知と、金曜日の夜にアクティブ率を高める目的でユーザー全体に送っているプッシュ通知があります。このうち、特に数日間アプリを起動していないユーザーを対象にした定期的なプッシュ通知の配信が可能で、かつ無料なものはLogPushだけだったんですね。」

<LogPushの使い勝手について>
〜5分で導入完了〜

「導入するだけであれば5分ほどで完了しました。SDKを組み込んでコードを1,2行書き込むだけだったので簡単でしたね。

機能面に関しては、初めてユーザーにアプリを起動してもらう際にプッシュ通知許可のダイアログ表示タイミングを自由に設定できる機能はあまり他のサービスにはない機能で、非常に便利でしたね。管理画面も分かりやすいと思います。他社の有料サービスに比べても遜色ないですね。」

talk

<今後のLogPushに期待すること>
〜より便利な機能を追加していってほしい〜

「以前よりプッシュの文言や時間帯のABテストを回して最適なプッシュ通知を配信するようにしています。開封率が10%程度上がっている成果が出ているので、LogPushで引き続きABテストを実施していければと思います。

プッシュ通知の成果が出ているのは分かっているので、ABテストを続けながら、時間帯などにユーザーのセグメントを分けてより属性に適したプッシュ通知を配信していくようにしたいです。基本的にプッシュ通知はユーザーの呼び戻しに利用するものだと思うので、そういう部分での成果を期待したいです。

新たに欲しい機能としては、1秒間でプッシュ通知を配信できる件数を設定できるようなものですね。やはりユーザーの数が伸びてくるとサーバーにかかる負荷に対する対策も必要になってくるので、あると助かりますね。

また、定期配信を行う際に予めプッシュ通知の文言をいくつか用意しておいて、週ごと曜日ごとで順番に配信されていくような機能があれば非常に便利ですね。定期配信でも毎回文言が違えばユーザーも通知を開きやすいのでないかと思います。」

smile

<暇つぶしチャットアプリ「ひまチャット」>

「最速で暇つぶし!!暇人専用トークアプリ」

「ひまチャット」は、暇なとき直ぐに話し相手が見つかる、一対一の暇つぶしチャットアプリです。現在は累計100万アカウント、10億メッセージを突破しており順調にユーザー数は増加しています。
また、完全匿名の仕組みやチャットのレスポンス速度の高さなど、ユーザーが安心して安全にチャットを楽しめる環境づくりにも配慮しており、女性ユーザーの占める割合の多いアプリです。

「ひまチャット」


導入実績:OneSpoon株式会社様

OneSpoon株式会社 
ディレクター 小比類巻 大和様
「登録窓口」

「コストをかけないと導入できなかった高機能なプッシュ配信ツールを無料で実現できた」

<LogPush導入前のプッシュ利用状況>
〜コストがかかるので自社でスクラッチ開発しようとしていた〜

「そもそもプッシュ通知は導入しようとしていて、スクラッチ開発(ゼロから開発すること)することも含めて見積もりも出しているところでした。他社のサービスもチェックはしていたのですが、どうしてもコストが高くついてしまうので、スクラッチ開発する場合と有料のプッシュ通知ツールを導入する場合はどちらが良いのか迷っていました。」

IMG_0040

<LogPushを導入した理由>
〜予想以上に高機能であったことが決めて〜

「元々自社でスクラッチ開発するということであれば、全ユーザーに同じ文言で全体配信するプッシュ通知のみを考えていました。しかし、LogPushの管理画面を拝見させて頂いた際に、非常に機能が充実していたんですね。
無料で利用できるという点は勿論導入を決めた大きな理由の一つではあったのですが、それ以上にセグメント配信やABテストの機能が充実していたので直ぐに導入を決めました。さらに実際に管理画面を触ってみるとシンプルで使いやすかったです。」

<LogPushの使い勝手について>
〜それぞれの機能のリファレンスが分かりやすい〜

「テストを含めて手間なく導入できました。とにかくリファレンスが丁寧でわかりやすかったので、非常に簡単に配信まで行えました。

基本的には離脱ユーザーをセグメントで分けて、アプリへの再訪を促すようなプッシュ通知を設定しているのですが、セグメント機能に関しても特に手間なく設定できました。

また、年末にアプリ内でのイベント情報をお知らせするプッシュ通知を配信したのですが、配信しない場合に比べるとかなり起動数は伸びましたね。やはりイベントの告知など、ユーザーにとってプラスになるプッシュ通知は効果的なのではないでしょうか。」

IMG_0043

<今後のLogPushに期待すること>
〜プッシュ通知のテンプレートがあれば便利〜

「管理画面の中に、アプリの継続率が伸びるようなプッシュ通知のテンプレートがいくつかあれば便利だと思います。初めてプッシュ通知を配信するアプリ開発者にとってはどういうプッシュ通知がユーザーに刺さるのかというノウハウがないので、そういったものがあれば助かるのではないでしょうか。」

<面倒なスマホの会員登録を簡単にする「登録窓口」とは>

「スマホでの会員登録・申し込みをワンタップで!」

「登録窓口」は、スマホでの会員登録が簡単に行えるようになるアプリです。一度アプリにユーザー情報を登録しておけば、様々なサイトで会員登録を行う際に、ワンタップで会員登録を行えるようになります。また、個人情報は一切取っておらず安心して利用することが可能です。

現在、300サービス以上の登録があり順調に拡大しています!