【新機能】LogPushプレミアムの画像付き通知配信(iOS10以上)

iOS10のリリースでリッチ通知が実装されたことに伴い、LogPushプレミアムでiOS10以上の端末を対象に画像付き通知配信機能が追加されました!

配信内容に関連した画像を付けることで、より魅力的な配信にすることができます。実際の通知画像は以下のような感じで送られてきます。この段階では画像は通知の右下のアイコンで表示されています。

bigpicture_ios2

3Dタッチに対応していない端末の場合は、通知を左にスワイプすると、「表示」と「消去」が現れ、「表示」をタップすると、

bigpicture_ios3

画像が表示されます!3Dタッチ対応の端末の場合は、上記の画面は表示されずプレスすると画像が表示されます。

bigpicture_ios4

iOS10より前のバージョンでは、アプリアイコン、タイトル(指定しない場合はアプリ名)、本文メッセージが表示されていましたが、iOS10以降ではアプリ名とタイトルがそれぞれ表示されるようになりました。タイトルについては、以前のブログでご案内した通り変更することが可能です。

画像はJPEGまたはPNG形式で用意します。サイズは縦:横が1:2で600×300程度を推奨します。LogPushにログイン後、「プッシュ配信」もしくは「ABテスト作成」画面にて「起動URL」の下にある「iOS用通知画像URL」という項目で設定します。

設定方法は、公開アクセスできるWebサーバにアップしてある画像のURLを指定します。LogPushのサーバに画像をアップロードすることも可能で、その場合はアップロード後自動的にURLが入力されます。なおiOS用とは別にAndroid用がありますので、OSによって別々の画像を配信することができます。

bigpicture_ios1

 

iOS画像付き通知配信機能をご利用いただくには、以下の要件が必要です。

  • LogPushプレミアムを契約していること。
  • 受信者がiOS10以上の端末を利用していること。iOSバージョン9.3.5以前の端末への通知は届きますが、指定した画像は表示されません。
  • LogPush iOS SDK 2.0.0以上がアプリに導入されていること。これ以前のSDKをご利用の場合は通知は届きますが、指定した画像は表示されません。

本機能はLogPushプレミアムの機能です。LogPushプレミアムの導入をご検討の際には、以下よりお問い合わせください。

【新機能】プッシュ通知のタイトルの指定(iOS8.2以降)

先日Android端末に対してプッシュ通知のタイトルを指定できるようになりましたが、iOSでもバージョン8.2以降の端末に対して指定できるようになりました。

「プッシュ配信」もしくは「ABテスト作成」画面の「バッジ」の下にある「タイトル」という項目で指定します。

title_ios1

iOS8.2以降およびiOS9.xの通知画面(画面上部から下に向かってスワイプすると表示される「通知」タブの画面)では、通常はアプリ名がタイトルに表示されていましたが、本機能を利用するとアプリ名以外に任意の文字をタイトルに表示することができます。なお タイトルを指定しない場合は、これまでと同様にアプリ名がタイトルとして表示されます。

(タイトル変更前)

title_ios2

(タイトル変更後)

title_ios3

上の画像は通知画面のものですが、ロック画面に表示される通知はアプリ名と本文のみが表示され、タイトルは表示されませんのでご注意ください(iOS10ではロック画面でもアプリ名、タイトル、本文が表示される予定)。

Android版で本機能をご利用いただくにはSDKを更新していただく必要がありましたが、iOS版ではこれまでのSDKでご利用いただけます(ただし対象端末はiOS8.2以降)。

本機能はLogPushプレミアムの機能です。LogPushプレミアムの導入をご検討の際には、以下よりお問い合わせください。

【新機能】プッシュ通知のタイトルの指定(Androidのみ)

LogPushプレミアムの新機能として、Android端末に対してプッシュ通知を送信する際にタイトルを指定できるようになりました!

「プッシュ配信」もしくは「ABテスト作成」画面の「バッジ」の下に「タイトル」という項目が追加されています。

title_picture

通常はアプリ名がタイトルに表示されていましたが、本機能を利用するとアプリ名以外に任意の文字をタイトルに表示することができます。なお タイトルを指定しない場合は、これまでと同様にアプリ名がタイトルとして表示されます。

(タイトル変更前)

title1

(タイトル変更後)

title2

 

本機能をご利用いただくには LogPush Android SDK 1.6.0, LogPush Unity SDK 1.4.0 以降のバージョンのSDKを組み込む必要があります。

本機能はLogPushプレミアムの機能です。LogPushプレミアムの導入をご検討の際には、以下よりお問い合わせください。

Unity4.xのサポートを終了いたしました。

いつもLogPushをご利用いただきありがとうございます。

この度Unity4.xの利用者数が少なくなったため、サポートのリソースを効率的に活用すべくUnity4.xのサポートを終了させていただきました。今後は5.x(5.2以上を推奨)でのご利用をお願いいたします。

【新機能】カスタムフィールドに送信IDの追加

LogPushプレミアムの新機能として、カスタムフィールドに送信IDを追加することができるようになりました!

「プッシュ配信」もしくは「ABテスト作成」画面の一番下に「送信オプション」という項目が追加されています。

customfieldID

チェックボックスを有効にすると、通常のプッシュ配信の場合は deliveryId が、ABテストの場合は abTestId と abTestCase がカスタムフィールドに追加されます。

第三者の分析ツールと連携して、配信ごとの効果測定をしたい場合などに使えます。またカスタムフィールドの処理方法は、アプリ設定>SDK>カスタムフィールドの利用 で確認できます。

本機能はLogPushプレミアムの機能です。LogPushプレミアムの導入をご検討の際には、以下よりお問い合わせください。